日本刀販売専門店 銀座長州屋


日本刀無料相談実施中
フリーダイアル 0120-123622

日本刀の売却は信頼のおける刀剣専門店にお任せください。
Click here---無料鑑定評価

銀座情報2016年2月号は1月18日の発送です。

トップページ画像 國廣短刀 日本刀無料鑑定評価はこちら 準備中

桟木透図鐔 銘 埋忠 


桃山時代 812㎜×77㎜ 切羽台厚さ2.7㎜ 特別保存刀装具

 埋忠家は本来、刀剣の浄拭を専らとする家柄として足利将軍に仕えた一族。一方、現在では刀装具を製作した金工の名家として人口に膾炙している。金工芸術の名門としての評価を確立したのは桃山時代に活躍した埋忠明壽。信長・秀吉が主導した桃山文化は我が国の文化史上において異彩を放っており、明壽も進取の気風に満ちた桃山芸術に触発されて、家業に拘泥することなく刀装芸術の世界に挑戦したのであろう。
 本作は、その埋忠明壽と同時期に製作された桃山期の鐔。自然に打返された耳の仕立ては柔らかく黒化した錆の光沢と見事な調和を生み出している。侘・寂に通じる桃山の芸術世界が滋味横溢として鐔面から滲み出るようである。
(銀座情報最新号掲載品)


𠮷田清照彫之