このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

刀 銘 綱信(赤間)

出羽国 武蔵国 文政頃 約百九十年前 刃長 二尺二寸八分(六九・一糎) 反り 五分三厘 元幅 一寸二厘半
先幅 五分九厘半 棟重ね 二分五厘 鎬重ね 二分二厘強 金着二重ハバキ 白鞘入 昭和四十九年大阪府登録

価額600,000円(税込)

 出羽国米沢の赤間綱信は喜三郎と称し加藤綱英の門人。師に似て沸の綺麗な濤瀾乱風の大互の目や湾れ刃、備前伝互の目丁子、古作を手本とした鎧通しの短刀なども遺しており、作域の広い優れた技術の持ち主。米沢では広く知られた工であったが、後に江戸に活躍の場を移している。
この刀は、腰で適度に反って先を穏やかに結んだ鎌倉時代の太刀を想わせる姿形で、截断と刺突の効果を存分に発揮したであろう扱い易い造り込み。小板目鍛えの地鉄は梨子地状に微塵に詰んで細かな地沸で覆われ、刃寄りに揺れる板目が現れて刃境の所々にほつれ状の景色を生み出している。刃文は直焼出しに始まり、小互の目に小丁子、拳丁子、尖刃が交じり、帽子は先掃き掛けごころの小丸返り。さらに淡い棟焼を下半まで施すことにより護りを確かなものとしている。区上は沸強くほつれに沸筋が板目肌に沿って渦巻き、中程以上の焼刃は匂勝ちに小沸を伴う互の目の焼頭が複雑に出入りし、長短の匂足と飛足が盛んに入り、刃中に満ちた匂に濃淡変化を与えている。澄んだ地刃が魅力の作となっている。



刀 銘 肥前国住河内大掾藤原正廣(四代)

Ginza Choshuya All Rights Reserved