ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

刀 大磨上無銘 藤島友重

Katana no sign(O-suriage) Fujishima Tomoshige

加賀国 応永 約六百年前 刃長 二尺一寸八分(六十六糎) 反り 五分七厘 元幅 九分四厘 先幅 五分九厘
棟重ね 二分二厘強 鎬重ね 二分三厘 彫刻 表裏 棒樋掻通し・添樋痕 銀着一重ハバキ 白鞘付
黒石目地笛巻塗鞘打刀拵入 拵全長 三尺七分 柄長 七寸四分 昭和五十四年神奈川県登録
Kaga province, Oei era(about 600 years ago)
Hacho;66cm/Sori;1.72cm/Motohaba;2.84cm/Sakihaba;1.78cm/Munegasane;0.7cm/Shinogigasane;0.7cm
engraving; Bo-hi Kakitoshi, soe-hi ato /fitted with silver foil single Habaki/ Shirasaya
Kuro Ishime-ji Fuemaki saya, Uchigatana Koshirae
whole length 112cm/ hilt length 22.4cm

保存刀剣鑑定書(藤島友重) Hozon paper by NBTHK (attributed to Fujishima Tomoshige)
価額600,000円(消費税込)
Price 600,000JPY


 鎌倉末期から南北朝時代中期にかけて、元先の身幅が広く寸法長く重ね薄く仕立てて革鎧を断ち斬るに適した長大な太刀が隆盛した。その後、太刀の姿は鎌倉時代に戻って適度な身幅とされたが、大きく異なるのは、鎬と棟の重ねを厚く先反りを付けてより截断能力を高めたところ。室町時代以降の加賀で栄えた藤島友重と極められたこの刀は、南北朝末期から室町初期の太刀の特徴が表れて腰反り深く姿に洗練味があり、古作来國俊の門人という伝説も脳裏を掠める造り込み。樋を掻き通して重量を調整している点も友重にままみられる特徴。地鉄は大板目と密に詰んだ小板目肌が交じって地沸で覆われ、流れるような地相を呈して素材の良さを鮮明にしている。刃文はこの工の特徴的な焼頭が揃った互の目乱で、帽子は掃き掛ける。匂に小沸を交えた焼刃は潤みごころに凄みがあり、激しい打ち合いにも耐え得る強さを明示、匂に満ちた刃中に足が解け込み、刃縁にほつれと金線が掛かり、地側にも湯走りと小足状の働きを呈すなど、無銘ながら友重の妙趣が良く現れた出来となっている。
 黒漆塗の石目地と蝋色に質感を違えた笛巻塗鞘に、松原に地引網図鐔、紗綾形文図縁頭、梅に牛の菅原道真留守模様図目貫を用いた、洒落た風合いの打刀拵が附されている。

刀 大磨上無銘 藤島友重 表刀 大磨上無銘 藤島友重 裏刀 大磨上無銘 藤島友重 白鞘

刀 大磨上無銘 藤島友重 切先表刀 大磨上無銘 藤島友重 刀身中央表刀 大磨上無銘 藤島友重 ハバキ上表

刀 大磨上無銘 藤島友重 切先裏刀 大磨上無銘 藤島友重 刀身中央裏刀 大磨上無銘 藤島友重 ハバキ上裏

刀 大磨上無銘 藤島友重 拵裏

Ginza Choshuya All Rights Reserved