苫船図三所物
目貫 無銘 程乗
小柄・笄 銘 程乗作 光美花押


江戸前期 山城国京都

目貫:赤銅地容彫色絵
表:37.9mm 裏:37.3mm
小柄・笄:赤銅魚子地高彫色絵
小柄 長さ:96.4mm 幅:14mm強
笄 長さ:21.4mm 幅:12.3mm
上製落込桐箱入



特別保存刀装具鑑定書
価格650,000円(消費税込)

 

 末広がりの踊るような波に揺られる苫舟。立浪、渦、飛沫に後藤の特徴が表れている。上質な赤銅地からなる舟の造形は緩みが無く描写は詳細。大きな面積を占める金色絵と銀色絵が鮮やかに目を引く。この末広がりの波は後藤上代の作にその萌芽がみられるが、程乗で形状がはっきりとし大きさも最大となる。宗家十五代の光美が九代程乗の作と極めている。

苫船図三所物


苫船図笄

苫船図笄

苫船図銘

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved