三投桐透鍔(鐔)
銘 忠時作(八代)

江戸時代後期
武蔵国江戸

鉄地竪丸形地透毛彫
縦:76mm 横:73mm
切羽台厚さ:4.9mm
耳際厚さ:4mm
特製落込桐箱入

特別保存刀装具鑑定書
価格220,000円(消費税込)

 肥後の林又七に倣った作であろう。赤坂鐔にしては薄手の投桐透図鐔。鉄地を引き締まった竪丸形に造り込み、躍動感溢れた透を切り施し、毛彫も肥後のそれに倣って軽やかに施している。鉄地は色合い黒く緊密に鍛えられて肌目精緻に強みあり、独特の合わせ鍛えの肌が耳に筋状に現れている。ここに赤坂の特徴が現れており、作風と刻銘から八代忠時と極められている。互いに切磋琢磨したのであろう、赤坂忠重、忠好親子と同時代に活躍した八代忠時には、優れた作品が多い。
三投桐透鍔(鐔) 銘 忠時(八代)

三投桐透鍔(鐔) 銘 忠時(八代)

三投桐透鍔(鐔) 銘 忠時(八代)

三投桐透鍔(鐔) 銘 忠時(八代)

投桐透鍔(鐔) 銘 忠時(八代)

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved