花菱・紗綾形文鍔(鐔)
銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

江戸時代後期
武蔵国江戸

鉄地竪丸形鋤下高彫象嵌
縦:78.2mm 横:74mm
切羽台厚さ:5.2mm
耳際厚さ:5.2mm

特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書
価格170,000円(消費税込)
 紗綾形の地文に四ツ花菱紋を散らす、などと描写するとまるで着物の図柄ようだが、本作は固い鉄地に彫り込まれた文様である。卍を崩して繋げた紗綾形文は長久の幸せを願う吉祥文。複雑な文様を垂直に鋤いて際立たせ、それよりも更に高く四ツ花菱紋を彫り出すことで、紋が浮かび上がるような効果を演出している。紗綾形文が創り出す陰影も美しい。武州伊藤派を代表する名工正親は木谷姓とされているが、本作は特別の命によって製作されたものであろうか。加藤正親と刻している。鐔に注文銘のあるものは極めて少ない。
花菱・紗綾形文鍔(鐔) 銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

花菱・紗綾形文鍔(鐔) 銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

花菱・紗綾形文鍔(鐔) 銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

花菱・紗綾形文鍔(鐔) 銘 吉田雄矩令 加藤正親作之

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved