高士清遊図鍔(鐔)
銘 江州彦根住 藻柄子入道宗典製

江戸時代中期
近江国住

鉄地竪丸形肉彫地透金象嵌
耳金覆輪
縦:71.2mm 横:69.8mm
切羽台厚さ:5.2mm
耳際厚さ:3.9mm
特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書
価格160,000円(消費税込)

 俗塵を離れ山中に隠棲し清遊することは唐の文人が常に求めたことであり、その描写は本朝の人々にとっても憧れの光景であった。枯山水や市中の山居などもその表れであろう。画面に奥行きを創り出した立体的な肉彫り透しに色金を多用した華やかな象嵌が特色の宗典の作風だが、金象嵌を多用した本作は一際金の色が鮮やかで豪華である。
高士清遊図鍔(鐔) 銘 江州彦根住 藻柄子入道宗典製

高士清遊図鍔(鐔) 銘 江州彦根住藻柄子入道宗典製

高士清遊図鍔(鐔) 銘 江州彦根住藻柄子入道宗典製

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved