左右大透鍔(鐔)
銘 遠山源


肥後国

鉄槌目地四ツ木瓜形左右大透
縦:74mm 横:72.2mm
切羽台厚さ:5mm
耳際厚さ:4mm
特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書
ご成約を賜りました

 色合い深く黒々とした地鉄は鍛え頗る良く、耳に向かってやや肉を落とした碁石形。特徴のある字体で「遠山源」と銘を刻している。『肥後金工録』によれば、遠山鐔には頼家、頼次の両名がいて、時代は林又七を下らず、一説によると加藤清正公の抱え工とも伝えられているという記載がある。小柄笄櫃を大きく透かして全面に槌目をつけ焼手をかけた簡潔な作である。深い錆色の底で蠢くような素材そのものの魅力を堪能したい。
左右大透図鍔(鐔) 銘 遠山源

左右大透図鍔(鐔) 銘 遠山源

左右大透図鍔(鐔) 銘 遠山源

左右大透図鍔(鐔) 銘 遠山源

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved