紋散(巴・七宝・猪ノ目)透鍔(鐔)
無銘 尾張

室町時代
鉄地丸形地透

縦:84mm 横:84mm
切羽台厚さ:5.4mm
耳際厚さ:5.3mm
特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書(尾張)
ご成約を賜りました

 大振りで、厚手の透鐔。形はほぼ真円形である。切羽台は大きく、糸巻を想わせる湾曲した菱透に円と×形を組み合わせ、四方に七宝、巴、猪ノ目が透かされて、しかも透かしの線が垂直に切り立って、文様がすっきりし、さながら天球儀を想わせる独特の陰影が美しい。鉄味は頗る優れ、すべすべ、ぬめぬめした手触りがまた良い。
紋散(巴・七宝・猪ノ目)透鍔(鐔) 無銘 尾張

紋散(巴・七宝・猪ノ目)透鍔(鐔) 無銘 尾張

紋散(巴・七宝・猪ノ目)散鍔(鐔) 無銘 尾張

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved