網に魚透鍔(鐔)
銘 五鉄鍛 芝辻清貞

江戸時代後期
摂津国大坂住

鉄地丸形肉彫地透
縦:80.4mm 横:80.5mm
切羽台厚さ:4mm
耳際厚さ:6mm
特製落込桐箱入

ご成約を賜りました

 切羽台より厚く仕立て縄目模様を刻み込んだ耳の内側は網目模様の透かし。小柄笄櫃の周りには網にかかった魚が彫り込まれている。鉄という固い素材でありながら生命力や動きを感じられる、楽しい鐔である。地鉄の鍛えは頗る良く鉄砲鍛冶でもあったこの工のこだわりを感じさせる。銘文の「五鉄鍛」は鍛え方の違いによって生じた五種の鉄のこと。福井の康継家に伝わった『五鉄之鍛書』に詳しい。
網に魚透鍔(鐔) 銘 五鉄鍛 芝辻清貞

網に魚透鍔(鐔) 銘 五鉄鍛 芝辻清貞

網に魚透鍔(鐔) 銘 芝辻清貞

網に魚透鍔(鐔) 銘 五鉄鍛 芝辻清貞

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved