家紋散図大小鍔(鐔)
銘 尾府住人則亮作 大舩用以古鉄

『二子山則亮孝』、
『刀装小道具銘字体系』所載

江戸時代後期 尾張国
鉄地葵木瓜形鋤出彫
(大)
縦:78.6mm 横:73.2mm
切羽台厚さ:3.2mm
耳際厚さ:4.7mm
(小)
縦:73.6mm 横:69mm
切羽台厚さ:3.2mm
耳際厚さ:4.7mm
特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書
価格350,000円(消費税込)

 尾張徳川家の御用を賜り、信家等の写し物も得意とした則亮は頗る技量高く、古作の地鉄の研究にも熱心であった。太刀木瓜形とも呼称される葵木瓜形の四隅に猪の目を小透したこの大小鐔は、鉄地で太刀鐔を再現し復古調を試みたのであろう。船に使われた古鉄を用いて鍛えた地鉄は色合い深々と力強く、微かに鉄肌の流れが見て取れる。くっきりと彫り出された五三桐紋と丸に隅立四ツ目紋が茎穴の上下に大小表裏交互に配されている。余談であるが、俳諧を嗜んだ則亮の俳名は古鉄庵乙宜という。
家紋散大小鍔(鐔) 銘 尾府住人則亮作 大舩用以古鉄

家紋散大小鍔(鐔) 銘 尾府住則亮作 大船用以古鉄

家紋散大小鍔(鐔) 銘 尾府住人則亮作 大船用以て古鉄

家紋散大小鍔(鐔) 銘 大舩用以古鉄

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved