五嶽真形図大小(鍔)鐔
銘 宗孝作

江戸時代後期
伊勢国久居

鉄槌目地変り形鋤彫打返耳

(大)
縦:85.5mm 横:79.5mm
切羽台厚さ:3.2mm
耳際厚さ:4.1mm
(小)
縦:72.9mm 横:67.8mm
切羽台厚さ:3.7mm
耳際厚さ:4.5mm
上製落込桐箱入

ご成約を賜りました

 陶器を思わせる光沢と質感の地鉄が特徴の伊勢の金工宗孝による大小鐔。変り形に造り込まれた地は叩き込みによって変化に富み、力強く覇気が漲る。あたかも刻印を打ち込んだかのように見せる五嶽真形図の薄肉彫りは宗孝の得意とする技。古来より中国で崇拝される五つの霊山の真形を描いた「五嶽真形図」は災いから身を護ってくれる霊符である。
五嶽真形図大小鍔(鐔) 銘 宗孝作

五嶽真形図大小鍔(鐔) 銘 宗孝作

五嶽真形図大小鍔(鐔) 銘 宗孝作

五嶽真形図大小鍔(鐔) 銘 宗孝作

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved