紋散図透鍔(鐔)
無銘 金山

桃山時代
鉄槌目地丸形地透
縦:69.7mm 横:69.5mm
切羽台厚さ:4.5mm
耳際厚さ:6.2mm
特製落込桐箱入

保存刀装具鑑定書
ご成約を賜りました

 深みのある錆色の地鉄は鍛え密に詰んで引き締まり、耳から切羽台に向けて肉を落とした造り込み。その耳には粒状、筋状の鉄骨が現われている。ほぼ真丸の形状に小判形の大き目の切羽台、細めの透の線が時代の上がる鐔の様相を呈して好ましい。切羽台を挟んで左右対称に紋を展開した簡潔な意匠。実用の時代の息吹を今に伝えている。
紋散図透鍔(鐔) 無銘 金山

紋散図透鍔(鐔) 無銘 金山

紋散図透鍔(鐔) 無銘 金山

紋散図透鍔(鐔)無銘 金山

Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved