このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

両刃造短刀  銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之
            天文貮年二月吉日
    Moroha zukuri Tanto sign
Bizen koku ju Osafune Yosozaemon no jo Sukesada saku kore
   Tenbun 2 nen 2 gastu kichijitsu

備前国 天文 四百八十三年前 刃長 六寸一分強(一八・五糎) 元幅 六分四厘半 重ね 二分三厘半
金着二重ハバキ 白鞘付 黒蝋色塗鞘合口短刀拵入 拵全長 一尺七分 柄長 三寸 昭和三十八年高知県登録

特別保存刀剣鑑定書
ご成約賜りました

 祐定家は室町時代後期の備前国長舩において優刀の数々を生み出した名流。中でも与三左衛門尉祐定は戦国動乱の機に際会し、数多の祐定同銘工を統べて職人集団としての真価を発揮、最先端の技術を駆使して大量の野戦刀の生産に応じると共に、赤松、浦上、宇喜多など西国の武将が守りの拠りどころとした、刃味大業物に列せられる優れた刀や短刀を遺している。
具足の腰間に収めたであろうこの短刀は、寸法と身幅を控えて握中にするに格好の造り込みとしており、鎬重ねが厚く、 鎬の線がきりりと起って張りがあり、鋒鋭く具足の隙間を突く機能性を突き詰めた作。板目鍛えの地鉄は、微塵に詰んだ小板目肌が緊密に締まった流れごころの肌間を埋め、微細な地沸が肌目に沿って現れ、凄絶な武器ながらしっとりとした潤い感さえ漂わせる。焼が高くその一部が鎬筋にまで達する刃文は、腰の開いた互の目が二つずつ連なり、これに小互の目が交じって出入複雑に帽子へと向かい、先は刷毛で撫でたように掃き掛けと砂流しを伴い小丸に返る。小沸と匂の絶妙に交じり合った焼刃は明るく冴え冴えとし、肌目に沿って現れたほつれが匂の満ちた刃中で金線を伴う砂流しに変じ、粒立った小沸の帯は沸筋に変じ、これらが長短乱れた匂の足を切って流れる。茎の仕立ても引き締まり錆色黒々として光沢があり、鑚強く銘が刻されている。
籠目に兎図目貫と牛図小柄を備えた、綺麗な合口短刀拵が附されている。

●籠目に兎図目貫 赤銅地容彫金銀色絵
●白出鮫柄出目貫仕立 ●牛図小柄 赤銅魚子地高彫金色絵

両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 差表両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 差裏両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 拵両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 白鞘
両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 切先表 両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 切先裏

両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 小柄

両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 目貫1 両刃造短刀 銘 備前國住長舩与三左衛門尉祐定作之 天文貮年二月吉日 目貫2

 

Ginza Choshuya All Rights Reserved