このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

短刀 生ぶ無銘 月山

出羽国 永正頃 約五百年前  刃長 七寸三分九厘(22.4cm) 反り 僅少 元幅 六分九厘強
鎬重ね 二分三厘 金着二重ハバキ 白鞘入 昭和四十四年和歌山県登録 

価格500,000円(消費税込)
保存刀剣鑑定書

 古くから信仰の対象として崇められた霊峰月山。平安時代末期、ここに刀鍛冶鬼王丸の子が住し「月山」と銘打ったという。そして室町期には月山を望む寒河江、谷地にも近則、正信、俊吉、定真、寛安、安房、國宗などの刀工が居住し、「月山」「羽州住月山」と銘した作を手掛け、独特の綾杉肌に直刃を焼いた。堅牢で切れ味優れたその遺作は武将の支持を得、月山鍛冶は大いに栄えたのである。
この短刀は室町後期の永正頃の作とみられ、真の棟に造り込まれ、身幅充分で重ね厚く、内反り僅かに姿は端正。地鉄は杢目交じりの柾目調の肌が大きくうねって綾杉状となり、地景が太く入って肌模様が鮮やかに浮かび上がり、地沸厚く付き、刃寄りが黒く澄んで白く映り立つ、まさに月山肌。刃文は区を焼き込み、直刃が地鉄の鍛えに感応して自ずから浅く乱れ、小沸良く付き、刃境にほつれ、打ちのけ、喰い違いなどが月山らしい渋く複雑な景色を成す。帽子もよく沸付いて掃き掛けて小丸に僅かに返る。茎は無銘ながら生ぶ茎で、浅い勝手下がり鑢で仕立てられて、保存状態は良好。戦国期の武将が腰に差したものであろう。出来口は典型的でしかも優れ、見応えも充分である。




 

 

Ginza Choshuya All Rights Reserved