このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

脇差 銘 大和大掾藤原正則 南蠻鐵以作之(良業物)

越前国 元和頃 約四百年前 刃長 一尺四寸五分(四三・九糎) 反り 三分七厘 元幅 一寸九厘 先幅 八分三厘 棟重ね 二分五厘 鎬重ね 二分五厘半 金着一重ハバキ 白鞘入 平成八年大阪府登録







 大和大掾正則は、応仁の騒乱を逃れて丹後宮津にて作刀した三条吉則の末流と伝え、宮津から京を経て康継が活躍した越前福井に移住し、加賀前田家を視野に捉えた北方守護の意識が強い越前松平家中の武士の厚い信頼を得、専ら越前新刀一類の作域を示すも、作刀の背景には美濃伝を秘めており、特に桃山文化を鮮明に浮かび上がらせる頑強な印象の刀や脇差を遺している。
この脇差は、康継も慶長頃から盛んに採り入れはじめた南蛮鉄を精美なる地鉄造りに用い、古作が持つ力強さと巧みに融合させたもので、寸をやや控えめに元先の身幅を広く重ねを極厚に仕立てた、慶長元和体配。地鉄は流れ肌を交えた板目鍛えの肌間を梨子地風に詰んだ小板目肌で埋め尽くし、鎬地は強い柾目で、全面に付いた地沸を切り裂くように太い地景が走り、その一部は刃縁を越えて金線稲妻を形成する。その刃文は、湾れ互の目に小互の目、矢筈刃、尖りごころの刃を交え、小丸帽子が長く返って棟焼となる。小沸主調の焼刃は明るく冴え、刃縁のほつれに伴う小足、葉が不定形に入り、刃中には砂流し、沸筋が肌目に沿って激しく流れ掛かり、物打辺りには渦巻状の刃肌が現れ、屈曲した金筋が強い光を放つ。大切に伝えられたものであろう、棟高く区深く残され、茎も錆色浅く、総体に健体を保っている。

注…第七回重要刀剣指定の刀は、二尺四寸一分、大鋒で激しい飛焼と棟焼を施した出来。

BACK
Ginza Choshuya All Rights Reserved