このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

平造脇差 銘 正利(坂倉関)(良業物)

美濃国 天文頃 約四百七十年前 刃長 一尺五分九厘半(三二・一糎) 反り 一分三厘 元幅 一寸二厘強
棟重ね 一分九厘半 黒石目地塗鞘小さ刀拵入 拵全長 一尺七寸八分 柄長 四寸六分 金着二重ハバキ
白鞘付 本間薫山博士鞘書 『鑑刀日々抄』所載
昭和三十三年三重県登録

特別保存刀剣鑑定書

 室町後期天文頃の美濃刀工正利は、同国坂倉に鍛冶場を設けていたことから「坂倉関」の呼称がある。また、戦国武将に好まれた伊勢桑名の村正一派とは、地域的な繋がりと、銘字の「正」の銘形が村正のそれに酷似していることから技術交流があったとも考えられている。
抜刀など操作性に優れたこの脇差は大刀の添え差しとされたもので、寸の割に身幅広く重ね充分に、僅かに先反りが付いてふくらが張った量感のある姿。杢目を伴う板目鍛えの地鉄は大きく流れた肌を交えて地沸が厚く付き、これを切るように太い地景が入って肌模様が明瞭。流れるような関映りが立ち、自然な景色が展開して味わい深い。刃文は尖りごころの互の目に小互の目、浅い湾れ、矢筈ごころの刃を交え、帽子は乱れ込み、掃き掛けて返る。匂と小沸の焼刃は明るく、肌目に沿って湯走り、ほつれ、金線、砂流し、沸筋が層をなし、焼の谷が刃先に迫って駆け出しごころとなる。細かな檜垣鑢で仕立てられた茎に鑚強く刻された銘の正の字は村正のそれと同断。
岩澤了意一作金具で装われた拵は、親粒の大きな白鮫に動感のある獅子図目貫を巻き込み、桐紋図鐔を掛け、黒石目地塗鞘に梵字図小柄笄を備えた重厚な作。家紋に唐草図銀地金具は、繊細な片切彫による作で処々自然に黒化して風情がある。

注@…現岐阜県加茂郡坂祝村酒倉。
注A…本間薫山博士は『鑑刀日々抄』で「…作風から一見村正一派の作に疑いなく思われる…銘字の正の字にはまた村正と強く結ばれるものがある…」と述べている。他『室町期美濃刀工の研究』参照。
注B…了意は江戸後期の会津の優工。


 

 

Ginza Choshuya All Rights Reserved