このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

脇差 銘 備前國住長舩左京進宗光 同次郎左衛門尉勝光
       永正十三年八月日吉(以下切)
(良業物)

Wakizashi sign Bizen koku ju Osafune Sakyonojo Munemitsu dou Jirou zaemon no jo Katsumitsu
Eisho 13 nen 8 gatsu kichi (Ika kire)

備前国 永正 五百年前 刃長 一尺九寸三分八厘(五八・七糎) 反り 四分三厘 元幅 九分五厘半 先幅 六分六厘
棟重ね 一分五厘半 鎬重ね 二分四厘 金着一重ハバキ 白鞘付 桜皮塗鞘拵打刀拵入 拵全長 三尺三分 柄長 七寸三分 昭和四十二年埼玉県登録

特別保存刀剣鑑定書
価額 2,300,000円(消費税込)

 次郎左衛門尉勝光は右京亮勝光の子で、叔父に当たる左京進宗光との合作、また与三左衛門尉祐定、我が子次郎兵衛治光などとの合作刀を遺している。宗光もまた右京亮勝光の協力者という立場で多くの合作刀を遺しただけでなく、次郎左衛門尉の時代においても同様に高い技術でこれを補佐しており、戦国大名赤松正則に作刀を伝授していることでも実力と信頼度が証明されている。
本作は、一寸ほどの磨り上げで一尺九寸強、現在の分類では脇差とされてはいるが、明らかに片手打ちの刀であり、戦国期には抜刀術に長けた使い手の所持とされていたもの。元来の重ねは二分五厘半と厚手に鎬を立たせて棟を削いだ造り込みで、高位の武将の注文により、戦場での備えとされたことが想像される。微塵に詰んで霞のような映りが起ち込める小板目鍛えの地鉄は、仔細に観察すると小模様に揺れるような板目と杢目がうっすらと浮かび、細かな地沸が全面を覆って武器と思えぬ極上の地相。刃文は小足の盛んに入る直刃がごく浅く湾れ、一枚風に焼深い帽子は湾れ込んで先小丸に長く返る。匂口ふっくらと柔らか味のある焼刃は、刀身中ほどが二重刃となって彩りに富み、刃境には焼刃に沿って流れるようなほつれに伴い細い金線が走る。
拵は、金箔の上を桜皮風に塗り施した鞘を波文総金具で装い、出鮫柄に這龍図目貫をくっきりと浮かび上がらせた、品の良い仕立てとされている。

脇差 銘 備前國住長舩左京進宗光 同次郎左衛門尉勝光 永正十三年八月日吉(以下切)(良業物) 永正十三年八月日吉(以下切)(良業物)脇差 銘 備前國住長舩左京進宗光 同次郎左衛門尉勝光 永正十三年八月日吉(以下切)(良業物) 永正十三年八月日吉(以下切)(良業物)




 




Ginza Choshuya All Rights Reserved