このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

刀 大磨上無銘 千手院
Katana oh-suriage mumei Senjuin

大和国 南北朝時代 約六百五十年前 刃長 二尺二寸二分七厘(六七・五糎)  反り 五分六厘
元幅 九分九厘 先幅 七分九厘  棟重ね 二分 鎬重ね 二分二厘 彫刻 表裏 棒樋掻流し
金着二重ハバキ 白鞘入 平成二十八年東京都登録

特別保存刀剣鑑定書(千手院・時代南北朝) 
価額 1,700,000円(消費税込)

 南北朝時代の大和千手院極めの刀。在銘で年紀のあるこの時期の千手院派の作は康永二年紀の源吉廣の短刀、貞和四年紀の□弘の剣等があるが、圧巻は貞治五年丙午紀の千手院長吉の四尺四寸八分の大太刀であろう。伝統権威の失墜と新興勢力台頭の時代に、足利尊氏、新田義貞、楠木正成ら英傑は新秩序の樹立を目指して躍動し、赤松、佐々木、土岐氏等有力諸将も各々理想を胸に諸国を転戦。婆娑羅という奇抜な趣を好んだ彼らは戦振りも剛毅でここぞという場面で大太刀を抜き放ち、馬を走らせて激しく打ち合い雌雄を決したという。
表題の刀は、元来三尺以上の長さの大太刀とみられ、元先の身幅広く鎬が張って重ね厚く、太い棒樋が掻き流されて尚手持ち重く、輪反り深く中鋒延び、豪壮な元姿を想起させる迫力のある体配。地鉄は板目に杢、刃寄りに流れごころの肌を交えて強く錬れ、地底に細かな地景が蠢き、地沸が厚く付き、刃の際に流れ掛かるような映りが現れ、さらに鎬筋寄りには大互の目状に乱れた映りが現れ、これらが感応し合って変化に富んだ景色を展開。刃文は直刃基調に小乱となり、銀の砂粒のような沸が厚く付き、刃に沿って段状、筋状、層状の湯走りが掛かって二重刃が顕著、地刃の境界には長い金筋状の働きが長く走り、刃中には小足が盛んに入って小乱状となる。帽子はよく沸付き、強く掃き掛けて焼き詰めとなる。地刃の表情は力強く多彩で、時代の上がる作ならではの魅力に満ちた優刀となっている。

注@…奈良若草山麓の千手谷付近に住んだ千手院鍛冶の歴史は古く、鎌倉前期には行信が後鳥羽上皇の御番鍛冶を勤めたと伝える。
注A…大山祇神社蔵。国宝。後村上天皇奉納という。

Ginza Choshuya All Rights Reserved