このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

脇差 銘 肥前國忠吉(八代)

肥前国 嘉永頃 約百六十年前 刃長 一尺三寸八分三厘(四一・九糎) 反り 三分三厘 元幅 九分九厘
先幅 七分六厘 棟重ね 二分一厘 鎬重ね 二分三厘強 特製金着二重ハバキ 白鞘付
六歌仙金具黒蝋色塗鞘脇差拵入 拵全長 二尺二寸五分 柄長 五寸二分 昭和四十年神奈川県登録

特別保存刀剣鑑定書
価額 1,100,000円(消費税込)

1000

 

 

 

 安定感のある造り込みに小糠肌と表現される微塵に詰んで微細な地沸で覆われた地鉄、そして小沸の帯による端麗な焼刃に代表される肥前刀は、初代忠吉と二代忠廣が築き上げた技術を基礎として後代にまで伝えられており、日本刀の美しさの一典型として広く認識されている。八代忠吉もまた伝統の作風を受け継いでいるが活躍の時代は幕末。南北朝時代の大太刀を磨り上げたような頑丈な作風を専らとしており、それが故に作風は初代忠吉に紛れると評されている。
この脇差は初代忠吉にも間々見られる、元先の身幅広く重ねの厚い頑丈な造り込みで、脇差ながら短めの腰刀の寸法とし、切先延びごころに深い反りを付け、扱い易さにも意が払われている作。緊密に詰んだ小板目鍛えの地鉄は家伝のもので、微細な地沸を分けるように細い地景が入り、しっとりとした潤い感がある。得意とする直焼刃は忠廣のように洗練味あり、小沸の粒子が揃って明るく、端整な小丸帽子はわずかに刃方に寄って返る。
附されている拵は、満開の桜の下で歌を詠む六歌仙図鐔を要とし、同じ六歌仙図の縁頭、歌仙図目貫を茶色糸で巻き締め、小柄も六歌仙図。口金と瓦金、栗形、鐺を桜花図で鐔に合わせ、総体を華やかな雰囲気に仕上げている。目貫のみ赤銅地容彫、他は総て朧銀地に強弱変化のある片切彫を施した作で、渋い色合いながら鮮やかな風合いに包まれている。

●六歌仙図鐔・小柄 銘 菊池序克(花押)
朧銀地片切彫 
鐔写真原寸 小柄写真縮小 長さ97_

●六歌仙図縁頭 銘 菊池序光(花押)
朧銀地片切彫 写真原寸
●歌仙図目貫 赤銅地容彫金色絵
●桜花図揃金具 朧銀地片切彫

●白鮫皮着茶色糸蛇腹巻柄

 

Ginza Choshuya All Rights Reserved