このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

脇差 銘 大和守吉道(初代)(業物)

摂津国 寛文頃 約三百四十年前 刃長 一尺七寸八分八厘(五四・二糎) 反り 三分六厘 元幅 一寸二厘
先幅 六分九厘強 棟重ね 二分三厘 鎬重ね 二分四厘 銀無垢一重  白鞘入 昭和四十一年長崎県登録
特別保存刀剣
価額 800,000円(消費税込)









 大和守吉道初代は、川の流れを想わせ る独特の刃文を生み出した名工京丹波吉 道の子で、名を三品宇右衛門。大坂には 濤瀾乱の津田助廣、大坂正宗と謳われた 井上真改、足長丁子の粟田口忠綱、新刀 一文字と称された中河内國助らの名工が 妍を競っており、吉道は父の優れた技を継承しつつ新たな美を創出せんと、懸命に槌を振るった。  この脇差は身幅広く重ね厚く鎬の線が凛と立ち、反りほど良く付いて中鋒の、姿に張りのある造り込み。小板目肌が詰んだ地鉄は地沸厚く付いて鉄色明るく冴え、区上辺りに板目状の地景が現われ、一部に炭籠りが見られるも力強い。焼の高い丁子乱の焼刃は、焼頭鬩ぎ合って匂口明るく、刃中に匂充満して霞立つように澄み、繁く長く射した足は左右に広がって焼刃は眩く輝いている。帽子は横手下で焼き込み、綺麗な小丸に返る。出来は中河内國助同然にて、商都大坂の賑わいを象徴するような華麗な仕上がりとなっている。      

注…従来大坂丹波守吉道初代の子とされていたが、大坂初代吉道と大和守吉道初代の間には年齢差は殆どなく、共に京初代丹波守吉道の子であったと推考される。


BACK
Ginza Choshuya All Rights Reserved