このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

平造脇差 銘 於越後國義光作之 平成三年八月吉日

大野義光 新潟県 無鑑査作家 刃長 一尺二寸九分五厘(三九・二糎) 反り 二分 元幅 一寸一分五厘
重ね 二分二厘 彫刻 表裏 棒樋掻流し 金着一重ハバキ 白鞘入 平成四年東京都登録
売約済

 

無鑑査刀匠 大野義光

  南北朝時代の備中青江物の逆丁子乱刃や、鎌倉時代中期の一文字派の重花丁子乱刃の再現を得意とし、当代最も人気のある刀工の一人として最先端を走り続けている大野義光刀匠の典型作。手本としたのは、延文頃の次吉、次直、守次などの青江鍛冶で、同時代には大太刀の添え差しとして扱い易いことから重宝された、腰刀とも呼ばれる操作性に富んだ武器。その時代と流派の特徴を良く再現している。身幅広く物打強く張って先反り付き、重ねは尋常、樋を掻き流して手持ちしっくりとバランスが良い。精密に詰んだ小板目鍛えの地鉄は微細な地沸が付いて朝霧に包まれた湖水のように澄み、まさに霧の立ち込めた如く乱映りが平地全面を覆う。刃文は一転して出入りの激しい逆丁子乱。匂口の引き締まった焼刃は、焼頭が冴え冴えとして地に袋状に膨らみ、ここに小丁子が複式に配されて変化に富み、匂の満ちた刃中には飛足と葉を伴う長短の足が乱れ入り、これが刃先に向かって陽炎のように揺れ掛かる。
大野義光刀匠は昭和二十三年新潟県の生まれ。大学を卒業後に吉原義人師の下で修業。昭和五十年に新作名刀展に初出品して奨励賞を受賞、その後更なる研鑚を積み、特賞を連続して受賞し、昭和六十二年に無鑑査作家に認定される。その間、伊勢神宮第六十一回式年遷宮に際して御神刀を製作奉納しており、無鑑査作家に指定後も正倉院御物や各地の国宝指定品など古名作の再現を試みている。国内での個展やグループ展だけでなく海外での活躍も目覚ましい。






BACK
Ginza Choshuya All Rights Reserved